肌の黒ずみ原因は紫外線だけじゃない

気温が上がって薄着の季節になると、気になってくるのが肌の黒ずみです。顔にできるシミやソバカスも黒ずみに分類することができ、その大きな原因は紫外線によるものです。

 

肌の黒ずみを予防するためには、紫外線対策をしっかりとすることが大切になってきます。ですが、脇やお尻など紫外線の影響が少ない部分でも黒ずむ場合があります。

 

これらの部位の黒ずみは、紫外線ではなくムダ毛の処理や、衣服による摩擦が原因になってきます。そもそも、肌の黒ずみは外部からの刺激によって肌の中のメラニン色素の量が増えることが原因で起こります。

 

外部からの刺激には紫外線だけではなく、ムダ毛を処理した時にかかるダメージや、衣服の摩擦も含まれるので、脇やお尻などが黒くなるのです。これらの症状は、保湿ケアをすることで改善させることができます。

 

保湿ケアを行えばバリア機能がアップするので、刺激に強い肌にすることが可能です。さらに新陳代謝のアップも期待できるので、シミやくすみを薄くする効果もあります。

 

保湿ケアを行うタイミングは、洗顔や入浴の直後がおすすめです。体に水分がついていると、体の中の水分を奪って蒸発することがあるので、すぐに保湿ケアするように心がけましょう。

 

 

 

肌の黒ずみは毛穴の汚れでしょうか?

肌の黒ずみの症状が気になる方は、毛穴の汚れが原因かもしれません。毛穴からは皮脂が分泌されており、過剰に分泌された場合、黒ずみのように見えることがあります。

 

思春期を過ぎると皮脂の分泌が盛んになりますので、肌を美しく保つためには洗顔やピーリングなどで余分な皮脂や汚れをスッキリと除去することがポイントです。

 

肌は一定の周期でターンオーバーを繰り返していますので、そのターンオーバーを促すためにもピーリングが効果的です。エステで施術を受けることが出来ますが、自宅でもピーリング作用のある石鹸を使って角質や毛穴の黒ずみを除去することが出来ます。

 

毎日でなくても、症状が気になった時に使うことで肌をクリアに保つことが出来ますので、症状が気になる方は使ってみてはいかがでしょうか。

 

鼻の黒ずみが気になる方は、専用のパックで簡単に除去することが出来ます。シート状のパックは特に便利で、気になる部分に水を付けてからシートを貼り付け、しばらくたってからはがすことで、驚くほど毛穴の汚れがとれます。

 

これは角栓と呼ばれ、毛穴の黒ずみの原因になる要素ですので、定期的に除去することで美しい肌を保つのに役立ちます。パックをした後は、引き締めるタイプのローションでケアするのがおすすめです。

 

 

 

脇が黒くなりやすい理由は何?

肌の黒ずみでも脇は非常に黒くなりやすい部位ですが、この理由は皮膚が薄いこと、そして脱毛頻度が多いことが挙げられます。

 

皮膚が薄いと刺激に対して弱くなり、脇の脱毛を頻繁に行っていると肌に黒ずみが発生します。肌が傷つきやすい部位でありながら、ヒゲに次いで脱毛の諸頻度が高いのが脇と言われているのです。シェービングやワックスで処理をするにしても、肌乾燥を招いてしまうのは間違いありません。

 

肌が乾燥すればメラニン色素の分泌をさらに促進するので、より黒ずみがひどくなってしまうのです。黒ずみを解消するためには、普段から十分に保湿対策を行うのが基本となります。可能であれば医療脱毛を利用して、脇毛をツルツルにするとよいでしょう。

 

脇毛がなくなると自己処理が不要になるので、乾燥を防ぐことにつながります。自己処理は永久的に続ける必要があるため、年齢を重ねるほど乾燥のリスクが高くなります。

 

保湿力は30代あたりから低下してくるので、黒ずみのリスクが一気に高まるでしょう。若いころは問題がなくても、年齢を重ねてトラブルが気になる方は少なくありません。

 

将来に備えて今から永久脱毛を受けておき、ツルツルにしておくといいでしょう。自己処理が不要になれば、保湿力を回復させることが可能です。

 

 

 

おすすめサイトはコレ!

肌の黒ずみが気になるなら、早めの対策をしていくことですね。

 

対策については、このページでもいくつか紹介していますし、より深い知識を獲得したいなら、おすすめサイトを載せておきますので、訪ねてみてください。